横浜国大付属中コース

横浜国大付属中コース概要

最近こそ一般の公立小、公立中の生徒の比率が高くなりましたが、当初は「横浜国大附属小」「横浜国大附属中」出身者の比率が高かったこともあり、当教室は「国大附属」のカリキュラムにも精通しています。附属中は、

公立中に比べて内申点を取りにくい

ことが特徴です。一般の公立中に比べて授業内容が違う、定期テストの問題が難しい、中学進学時に入試を突破した外部生が入ってくることで生徒全体のレベルが高い、など色々な理由があります。

一方で元々ポテンシャルの高い生徒が多く、持ち内申がそれほどなくても難関公立高校を実力で突破する生徒が多い、という特徴もあります。

当教室は「公立高校入試を2次選考で合格」する生徒が多い塾ですので、逆転合格を目指す附属生には向いている塾だと思います。

附属中コースの通塾回数、授業料等は公立中コースと同じですのでそちらを参照ください。公立中コースにプラスして、

TOFYなど附属独特のカリキュラムに対応した指導

が可能です。

週の回数、授業料は公立中コースと同じです。各学年のページを参照下さい。

PAGE TOP